「希少価値というものは
確かに存在する
でも・・・・」

最近、全国的に本格焼酎がはやっているらしい
昔から焼酎を応援してきた以上
喜ばしい反面、歪んできていると感じる所もある
そのひとつが「希少価値」という点
いままで九州でしかほとんど消費されなかった為
足りなくなるのは理解できる
特に岩倉さんや村尾さん、高良さんなど
家業適要素が強い蔵のものは
いくら頑張っても限界があるでしょう
そういう中において 一つの疑問
某メーカーや 某酒屋の営業トークで
「この焼酎は少ないからいいですよー」、と
いう一言
少ない=良いもの という公式は
どうもいただけない
まるで「希少価値」に頼り切った売り方には
これからの業界でマイナスにしかならないと思う
「通常商品のラベルを変えただけのもの」
「いくらでも造れるけど 少ないって言う方が・・」

およそ理由のない「希少性」を煽るだけの売り方は
もう止めて欲しいものだと思う
まぁ そういう姑息な手法で売れてるってほうが
もっと不思議な気がするけど

inserted by FC2 system